「ジーザス・クライスト・スーパースターコンサート」感想

見てきました!JCSコンは2年前に続き2回目。でも今回が初めてであるかのように前回の記憶がすっぽり抜けてましたw 前回は台風一過の直後で鉄道がダメになっててかなりの回り道をしてやっと会場に到着したということがありました。あと席が前方のかなり端っこで舞台がちゃんと見られなかった。オーブって前すぎると舞台を下から見上げる形になってかなり見辛いんですよね。その二つの印象が強く残ってしまい実は今回もバタバタしてて、コロナワクチン2回目の翌日に観劇予定だったんです。でも1回目接種してから副反応が辛かったので「2回目の方が強く出るって言うしこれだと行けないかも!」と心配してたんですが、無事接種日をずらすことができて事なきを得た次第。生の観劇って家で配信を見るのと違って五感を駆使した「体験」なんだなと今回強く思いました。だから配信よりも強く心に訴えるのかもしれません。

ほんで肝心の舞台の感想なんですが、「ラミン・カリムルーすげー!!」これに尽きます!みんなうまくて全体的にクオリティ高い舞台だったんですけど、ミュージカル俳優としてのラミンのキャリアの中で今が一番脂が乗ってる時期なんじゃないかしら。舞台にいるだけでオーラが半端ないしもちろんパフォーマンスも一流。そして圧倒的なパワー。この話は元々ユダ視点の物語だけどジーザスもマリアもペテロもみんなユダの目を通した姿で本当の姿とはまた違うんじゃないかとすら思えるくらいユダを中心として動いているかのようだった。マグダラのマリアが「心配しないで〜私が癒してあげる〜」みたいなこと言って出てきた時、上手なのに「邪魔なんだよ」とイラッとしましたもんw それくらい自分もユダに取り込まれてユダ視点になってたってことです。ラミン自身2018年のエビータの時「今が役者として全盛期だと思う」と語ってて、世界的なスターのパフォーマンスが日本にいながらにして見られる、それだけでなく一年に何度も来日してくれる(特に今は2週間の隔離期間があるにも関わらず)なんてどんだけありがたいんだと手を合わせたい気分でした(前回のJCSコンの記事読み返したらその時も私ラミンに拝みたいとか言ってました。お地蔵様じゃないんだからw

舞台としての統一感も今回の方がよかったような気がする。特にジーザスとユダとの関係性。今回のジーザスはマイケル・リーさんだけどラミンユダとの相性がしっくり来ていたような(個人の意見です)。それに「ジーザスだな」と納得できるカリスマ性も備えていたと思う。ジーザスとユダの関係性大事だよね。何せ掛け算とか矢印で示される関係性だからね(文字通り神をも恐れぬ不敬発言)。今回マフラーがいい役割をしてました。別れ際にジーザスが自分のマフラーをユダに託すんです。それを使ってユダは自殺するの。あーっこれ!これ!闇属性の腐女子が好きなやつ!って思いました(語彙崩壊)。それにしても演じる側としては圧倒的にユダの方が精神的に楽だなと思いません?ユダは自殺した後「SUPERSTAR」で再登場してノリノリで歌いながらドヤ顔でスッキリして退場だけど、ジーザスは苦悩にのたうちまわった末拷問されて磔にされて終わりじゃ中の人もモヤモヤが残るんじゃないかとか要らん心配をしてしまったw それにしても20代のアンドリュー・ロイド・ウェーバーは尖っていたんですね。「エビータ」もそうだけど全方位に喧嘩を売った作風だもの。血まみれボロボロのジーザスを前に客席も一体になって盛り上がるなんて悪趣味全開じゃないですか。今回はコンサート形式だからその辺ぼかされてるのと、キリスト教を余り知らない我々にはピンと来ませんが、普通はそりゃもう居心地悪いもんでしょう。キリスト保守の人が激おこだったのよく分かる。

日本人キャストも英語ネイティブの人たちに引けをとっていませんでした。少なくとも私にはそう見えた。「CHESS」の時もアービターの佐藤さんが健闘してたし今後日本でも日本人キャストが英語で挑戦する舞台が増えるかもしれないと思いました。何気にアンサンブルが一番負担かかりますが、案の定プログラム見たら「CHESS」と被っている人が多かったです。柿澤さんは「愛と哀しみのシャーロック・ホームズ」以来2回目だったんですが「歌めっちゃうめーやん!なんであの時歌わなかったんだ!」と思ってしまった。ホームズの舞台で歌披露したのは自ら歌苦手と公言してる人たちで、三谷幸喜わざとだなwと思いました。カヤパの宮原さんもヘロデ王の藤原さんもよかったです。でも前回のヘロデ王だった成河さんのトリックスターぶりを思い出してあれは気持ち悪かったなあ(褒め言葉)とまた見たくなってしまったのも事実。あのくどさは好き嫌い分かれそうだけど癖になりますね。

状況が許せば追いチケしたかったけどこのご時世だしコロナの影響で中止になる公演が出るなどまだまだ不安定ですね。ラミン、シエラ、ハドリーのオペラ座コンサートもまだ諦めてないんだからねっ!早く晴れ晴れした気持ちで観劇できるようになりたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA