「夜想曲ーノクターン」感想

去年の観劇感想を正月に書いているという遅筆ぶりこれもあつ森と冬眠モードのせいなんだけどいい加減忘れそうなので備忘録としても書かねば。

12月は北翔さんに2回も会えて幸せでした。本当は3回会いたかったんですが流石に年末は忙しくてその気になれば4回会えたんですけどね。北翔さん仕事入れすぎぃw 今回はクラブセブンで共演した東山義久さんとも一緒。いつも見慣れてるミュージカルとは少し違ってて、正式名称がKIRARI SHOW ACT☆PARADISE THEATER「夜想曲─ノクターン」(長い)。ショウアクト、つまりダンスと歌がメインと考えたらいいのかな。芝居もあるけどダンス・歌との関連が余りないんですね。ここがミュージカルとの違い。芝居とは関係なく唐突にダンスが始まる。見慣れないスタイルだったので最初はちと戸惑ったけど全く無関係ではなく、心象風景や世界観にそれとなく繋がってるし、いいタイミングで挿入されるので全体がダレることもなく最後まで緊張感を持って楽しめました。

簡単なあらすじです。舞台は架空都市トーキョー。闇カジノで借金を作った男たちが集められ、桐島組という暴力団が移送する現金を強奪する計画に参加させられる。その計画を立案したレオ(東山さん)の真の目的は桐島組に弟を殺された仇討ちで、それを手助けするアリエス(北翔さん)の存在があり。しかし成功しかけたところでトラブルが起き、仲間の中に裏切り者がいることが明らかに。裏切りと駆け引きの応酬の末の結末は?!

いつものように北翔さん目当てだったのでどうしても視点がそっち寄りになるんですが、一言で例えると「こぼれんばかりのウニとイクラでご飯が見えない〜な海鮮丼」でした。北翔海莉いいとこ取り全部乗せ!みたいな。格好ええ!特にあれだけ踊る機会はそうないためダンスシーンがたっぷりなのが満足度高かったです。指先まで神経が行き届いててそれを近距離で見られる贅沢さ。普段「北翔海莉は大きめの箱の方がハマる」が持論の私ですが、こんな迫力あるパフォーマンスをオペラなしで間近で(がぶりつきじゃなかったのですがセンターでバランスのよい席でした)見られて眼福でした。もちろん歌と芝居も堪能。闇カジノの歌手アリエスという役柄で、当て書きだったらしいけどなぜか夜の女系多いですね。本人はめっちゃ朝の女なのにね?!口跡がきれいで人一倍台詞が聞き取りやすかったし、彼女が出てくるだけでぴしっと舞台が締まるような、そんな大黒柱的な存在感がありました。あとおみ足がべらぼうに長かった。私がボトムス試着すると大抵忠臣蔵の「殿中でござる」状態になって(長裃って言いなさいよ)「大は小を兼ねるとは言え程度ってもんがあるだろ!こんな足の長いやついるかー!」と憤慨するのですが、存在するんですねごめんなさいな気持ちになりました。宝塚出身だと周りがみんなそうだから己のスタイルの美しさに気づかないのかもしれない(もしくは恥ずかしい?)けど美しいものはどんどん披露して欲しいな。

そして東山さん。久しぶりだったけど、ごめんなさい、こんなに格好いい人だとは思いませんでした!だって初見がクラセンであんなにはっちゃけてて、いや正確には2019年のサマーナイツドリームで2枚目の姿も見たけどスケッチもやってたのでそちらの印象に引きずられていました。でも今回すっかり格好いいイメージに刷新されました!スーツ姿で力強くガンガン踊るのがとても印象的。スーツで激しく踊るとか性癖に刺さりまくりなのでやめてほしい(いいぞもっとやれ)。北翔さんと同様、彼が出ると舞台が引き締まるんですよね。格が備わってるというか。ミス・サイゴンのエンジニアを射止めたのも納得です。ミス・サイゴン見たくなってしまった。かなーーーり救いのない話だから普段なら選ばないんだけど東山さんがアメリカンドリーム歌うの見てみたい。悩む。

DIAMOND☆DOGS始めその他の方々もよかった。基礎知識ないまま見たので見分け付くかなと不安だったけど今回の役柄が当て書きと言うだけあって混乱せずに一人一人の顔がよく見えました。役の軽重を付けずそれぞれに見せ場を作って、なおかつ舞台全体の構成を崩さないところ、絶妙なバランス感覚でした。

あらすじ見た時は「借金持ちが倉庫に集められるってカイジみたいな話かな?北翔さんと東山さんは利根川と兵藤会長みたいな役割か?」と思ってすいませんでしたw 冷静に考えたら「暴力団の現金強奪なんて案件素人巻き込んだら却って足手まといでは?」と思ったけどこまけえことはいいんだよw ところでちょっと設定がクラセンのミニミュージカルに似てるなと思いました。あれもよかったよね。好きな女を置いて男同士で特攻するの最初解せなかったけど、男女への愛情は「カッコ悪いとこ見せたくない/危険から遠ざけたい」だけど男男のクソデカ感情は「地獄まで一緒に着いていく」だと知ってなるほどと思った記憶。北翔さんの場合、清廉潔白ではないけど健気で一途な役柄というのも被ってました。やはりそんなイメージなのかね?私は朝の女バージョンも見てみたくなったけど(辛いものた食べたら次は甘いものがほしくなるノリ)。てなわけで観劇後なぜか口ずさんだのはパジャマゲームの歌でした。ガンガン歌って踊る演目を見たので真逆の作風だけど連想したのかもしれない。この後も夜の女だったり女海賊だったりするので、明るい作品にもまた出て欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA