さちみりほをひたすら推す その3

一回きりの企画だったはずなのに選びきれない〜と2回に分けたさちみりほ特集、今回は第3弾です。だってあれもこれもいいんだもーん!何なら全作紹介してもよろしくてよ?……シャレにならなそうw 前回の特集記事書いた時は去年の春で、今頃は観劇も自由に行けるようになるだろう観劇ブログに戻るだろうと無邪気に信じてたけどよく考えたらワクチン開発されるまで本質的には何も変わらないじゃんねー!コロナって元々風邪のウイルスだから冬に大流行するのも分かりきってたはずなのに何を楽観視してたのやら。でもワクチンできるの予想よりも早かったですね。早く打ってブイブイ言わせながら外出したいですね。でも観劇行けるようになっても読書感想は続けるよ!ステイホームの影響で様々な本に出会えたし。前置きはここまでにして本題行きましょう。

“さちみりほをひたすら推す その3” の続きを読む

「NEW YEAR’S Dream」感想 第1幕

無沙汰してます。久しぶりの観劇記録です!10ヶ月ぶりに劇場に帰って来たよお〜。なんでこんな時期に東京行くのと家族に猛抗議され非常に肩身が狭かったですが、おととしの夏見た明治座の「サマーナイツドリーム」の続編と来たら、産後初めましての北翔さんが出ると聞いたら、見ずにはいられないでしょう!!これ絶対面白いやつ!!と言うわけで「コロナは他人との会食で移るんだよ!いつもぼっち観劇だから!劇場からはクラスター出てないんだよ!」と説得して(できなかったので最後はゴリ押し)家を出てきました。

“「NEW YEAR’S Dream」感想 第1幕” の続きを読む

「高慢と偏見とゾンビ」感想

や〜〜っと見たよ!公開時からこの映画の存在は知っていたけど「見たい映画リスト」に入ったまま見たい見たい言ってるだけで、Amazonプライムに入ったと聞いて喜んだけれどそれでも見なくて、プライムから外れるよと言われギリギリ最終日になってやっと見た。この行動には我ながら呆れる!そう言えば昔から831日に宿題終わらせる子供でした。

“「高慢と偏見とゾンビ」感想” の続きを読む

「VSルパン」「ルパン・エチュード」感想

前に「アバンチュリエ」の感想記事書いてからずっとやりたかった企画なんですが読書感想っていつでも書けるからついつい後回しになってすると内容を忘れてまた読まなきゃと再読したら時間忘れて真剣に読みふけってしまったやはり面白い!「VSルパン」はさいとうちほ先生、「ルパン・エチュード」は岩崎陽子先生、どちらも少女マンガの文脈からルパンを再構成した話ですが、アバンチュリエと同時期に2人の作家が同じ題材のルパンを手がけるってなか珍しいと思います。先鞭を付けたのがアバンチュリエでそれがいい感じで波及して別の作家の創作欲を刺激したということでしょうか。読み比べると素材は同じでも色んな解釈があるんだな〜と興味深かったです。そして当たり前だけど原作が面白い。息つかせぬ展開も魅力的なキャラ造形もみんな面白い。100年以上も読み継がれている作品の底力を感じました。

“「VSルパン」「ルパン・エチュード」感想” の続きを読む

「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」感想

そもそも「雑食」というハンドルネームは私の趣味嗜好の方向性が節操なさすぎることに因んで自嘲を込めて付けたのですが、このコロナ禍で観劇ができなくなったのでステイホームの中本を読むくらいしか娯楽がなく、今まで手をつけなかったなろう小説も読んでみました。現代のナウなヤングは何を読んでるのかしら?と興味あったし、この分野からアニメ化作品も多数生まれる一方で「なろうなんてw」と揶揄されるのも事実、それじゃ一体どんなものか自分の目で確かめてやろうじゃないかと。

“「悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました」感想” の続きを読む

「夢やしきへようこそ」感想

いやーご無沙汰してました。なんとか生きてます。観劇の感想の時は自分の海馬が当てにならんので「忘れないうちに書かなきゃ」と焦ってましたが、本の感想はいつでも書けるのですっかりスルー。誰かに依頼されてる訳でもなし締め切りもなし、となると永遠に書かなくなりますね。最近は専らインプットに専念してて今まで手をつけなかったジャンルもガシガシ開拓してます。コロナのせいで外出しなくなったから読書も増えました。そのお陰でいい出会いもあったけど決してコロナに感謝はしてないからな!とっとと去ね!!

“「夢やしきへようこそ」感想” の続きを読む

「サンセット大通り」感想

観劇してから感想書かずに大分放置してしまいました。確か私が観たの325日だったんですよね。この頃は一旦閉鎖された劇場がぼちぼち復活しかけて「いけるか?いけるか?」と思ってた矢先東京都知事の会見で一気に緊張感が高まってその後緊急事態宣言が出てという激動の時期でした。私もそれまではそんなにうるさく言われなかったのに前日の夜くらいから「大丈夫なの?」と家族に心配され、当日は白い目で見送られ、翌々日(27日)のリトルショップオブホラーズは泣く泣く諦めたという次第です。確か観劇した日の夜に都から「週末都心へ出るなこの田舎者め!(意訳)」という声明が出て「27日は金曜でまだ週末じゃないからセーフ♪」という言い訳が通用するとは思えなかったので。まだ振り返るには早いですがこれを書くために色々思い出しました。

“「サンセット大通り」感想” の続きを読む

グラナダホームズ感想 #33〜#41

とうとう最後まで完走できた〜!一個見てないのがあるんですけどね(おい)。この企画始めた時に全部見られるかどうか自信なかったんですが何とか殆どの作品の感想が書けました。不安だった理由は後期になってくると出来にばらつきがあったからなんですね。でも実際見てみたらほんの一部を除いてどれもよかったです。演出面の変化はあれど高いクオリティを維持してました。何よりジェレミー・ブレットのホームズの存在感が抜きん出てて。このグラナダホームズは時代考証の正確さや原作に忠実な丁寧な作りで高い評価を得てますがジェレミー・ブレットがいなかったらここまでではなかったと思います。本当にドラマにとってもジェレミーにとっても幸せな出会いだったと思います。じゃあ最後の感想行きますよー。

“グラナダホームズ感想 #33〜#41” の続きを読む